色素沈着の赤みがあるニキビ跡 - ニキビ跡の色素沈着徹底対策

色素沈着の赤みがあるニキビ跡

ニキビができた時に誰もが思うことは跡にならないように!ということではないでしょうか。
実際ニキビには跡になるニキビとならないニキビの二通りあり、腫れや膿があっさりと引いてくれると大丈夫なことが多いです。
しかし膿や腫れがが酷い場合だと、収まってできてしまった箇所に色素沈着していることが多いです。
このメカニズムについてはニキビを治そうとする段階でメラニンの働きによるものです。
ニキビが発生するメカニズムについて解明されてきてはいますが、ダメージの大きさなどには個人差がありまだ解明さていない部分もあります。

基本的なニキビ発生の流れは、肌の毛穴などに脂肪が溜まることでアクネ菌が大量に発生します。
アクネ菌が発生すると肌を守ろうとしてメラニンがその部分へ集まります。
そして炎症を引き起こすのです。
この炎症の度合いの差はメラニンが発生させる活性酸素によるものです。
この肌を守ろうとする過程で活性酸素が発生することで肌にダメージが残ってしまいます。

ひどくないニキビであれば腫れも大したことがなく収まってくれて、活性酸素による被害も少ないためその箇所にメラニン色素が残ることもありません。
しかし度合いが酷い場合は活性酸素が肌の奥まで傷つけてしまいメラニン色素も大量に残ってしまうため、酷いニキビ跡になるのです。
最悪の場合は肌自体がダメージを受けすぎて、表面部分が欠落し、クレーターのようなでこぼこ肌になってしまうこともあります。

今回は色素沈着で赤みが残ってしまったニキビ跡について効果的なセルフケアや対処法などをご紹介していきたいです。